経営理念

住まい手と私たち

住まい手にとって、快適で心地よい住まいのために、お客様の想いと、確かな技術で豊かな暮らしの場を創ります。

つくり手と私たち

つくり手にとって、職能が活かされ、もの創りの喜び、楽しさを共有できる仕事の場を創ります。

自然の中の私たち

人と人、人と自然が、共に生きてゆくつながりのある地域を、もの創りを通し貢献します。

建築理念

自然を生かす。

日々の暮らしの中で、自然の美しさや、移ろい、あるいは、動植物の生命を居ながらにして感じることができ、人も多様な自然の一部であるという瞬間が、住まいにあってほしいと思っています。、設備に頼り過ぎず、自然の風や光を生かした、夏涼しく、冬暖かな住まいであってほしいと思っています。

素材を生かす。

木や土、石や紙、草などの自然の素材を使うことで、竣工時の清々しさは、もちろんの事、使い込まれてゆくことにより、更なる美しさを放ち、心地良さや、愛着は、増してゆくと思っています。余計なものを加えず素のまの材の魅力を生かすことを心がけています。また、その土地あるいは、住まい手のゆかりの材があれば、ぜひ住まいに取り込みたいものです。

伝統を生かす。

明瞭な四季がある日本で、気候風土にあった住まいとは、生命ある木でつくる持続可能な住まいづくりでしょう。千年以上前から続いている旬切りや、木組みという日本固有の伝統と技術に基づいて、今の暮らしにあった住まいづくりを続けて行くことが、未来につながると信じています。