2018.12.09

山は雪!と弟子から連絡もらい 靴 タイヤ履き替え滋賀の奥山へ。気温0度 、譲って貰えるかも知れない古民家を息子が見たいと、滋賀、福井、京都の国境へ。藤村 夜明け前 、木曽路はすべて山の中である、川端 雪国 トンネルを抜けるとそこは雪国であった。物語のはじまり、朽木 惹かれるゆっくりとした影ない時間があります。

カテゴリー: ブログ, 建築, 未登録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です