2018.07.06

子供の時から変わらない事を今日も仕事の合間に。大雨の湖西、いつもと違う景色の川が見たくて散歩?。濁流を学校休みの末っ子と見ながら、おさだひろしさんの詩が。

子供の時代のうつくしい詩を人生は一行一行消し去ってゆくのだ。

カテゴリー: ブログ, 建築 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です